【フクシマ・タイムズ】 市民団体などが2013年に行った検査、岩手・宮城・東京の子供たちの尿からセシウム137が検出されている。そのレベルは、2011年・2012年に比べて低下していない。

キャプチャ1562

キャプチャ13131

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

広告
現在コメントは受け付けていません。