学会関係者から、朝起きていたら死んでいた話を3件聞いた。都内大学院生30代前半・官僚40代・官僚50代各一人…活動熱心な研究予算の少ない非御用学者「Fibrodysplasia」さんのつぶやきから。

キャプチャ

Fibrodysplasiaさんがリツイート

「我々はヤマトシジミを用いて、放射性セシウム摂取線量と死亡率、および異常率との関係を定量的に評価した。沖縄からの幼虫に、汚染区域で採集 した食草を与えたところ、死亡率と異常率が低線量域において急激に上昇した」

キャプチャ100

広告
コメントは停止中です。