2011年3月と4月、プルトニウムと非天然ウランの量の増加が、福島第一原発から120km離れた東海村で確かに観測されました。

キャプチャ

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

広告
コメントは停止中です。