福島第一原発で建屋倒壊などの事故が起きたとき、あるいは他の原発で次なる過酷事故が起きたとき、なによりも注意すべきは、放射性物質を濃厚に含んだ空気を吸わないことだ。

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

201303130

キャプチャ

広告
現在コメントは受け付けていません。