興味深い事実が次々とわかってきた。狂牛病を発症した牛はチェルノブイリ事故の翌年生まれが多い!! ▶続)放射能と狂牛病の奇妙な関係

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

キャプチャ

広告
現在コメントは受け付けていません。