低線量被曝でSTAP細胞が突然変異、免疫が崩壊するという仮説▶放射線が通常の免疫機構を破壊し、さらにSTAP細胞の大元まで被曝させてしまうために、これに繋がるのではないか?

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

キャプチャ

広告
現在コメントは受け付けていません。