放射線測定の第一人者・岡野眞治博士(86歳)は、今後放射線量の減り方は緩やかになり、事故前のレベルに下がるのは300年後だという。

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

広告
コメントは停止中です。