内部被ばくの“証拠”撮影 長崎大研究グループ(2009/08/07) アルファ線が、被爆者の肺や腎臓、骨などの細胞核付近から放出され、黒い線を描いている様子の撮影に成功した。

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

広告
コメントは停止中です。