放射線治療をされて生き残った細胞は、やはり核のDNAの遺伝子が傷ついたままで生存し、ここの遺伝子の傷は、奇形、さらに発癌の原因になるのです(丹羽博士)

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

034

広告
現在コメントは受け付けていません。