どの新聞も長谷川氏の死後2日後の夕刊で報道している。ふつうに考えると、2日間何らかの”差し止め”があったということであろう。「NHK長谷川解説主幹の死を報じた新聞の奇妙な統一性」

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

広告
現在コメントは受け付けていません。