宮城県庁屋上に設置されたモニタリングポストが再開されなかった理由は、その辺一帯が、チェルノブイリにおける強制移住区域に相当する、1平方メートルあたり60万ベクレルを越える放射性セシウムに汚染されたから…。

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

RTボタンツイッターアカウントをお持ちの方へ。このツイートを、もっと多くの人に「知ってほしい!」「知らせたい!」と思ったら、今すぐ上↑のリツイートボタンを…。

広告
現在コメントは受け付けていません。