2013年 9月 の記事

<放射能物質の食物連鎖と肝臓・卵巣への蓄積>30年以上、垂れ流しのトリチウムは日本海の魚介類に一番多く蓄積されていることに注視し「秋田・青森・新潟・島根・韓国でなぜ老人の自殺が多いのか」その関連調査している研究グループがいる。

我が家の住宅除染が終った 山林の枝打ちのためか室内線量が上がった 完全防備の原発作業員しか入れないところでの生活 再除染しない政府 子供らが大きくなる迄一体どれ位累積するのか?霞が関は試算もしない

これがわかっているから、現在は可食部分のみを測定しているわけだ。調査結果の悪用だ。恐るべき国家日本

浜田副大臣の発言が飛び出したのは、9月13日「子ども・被災者支援法」をめぐる説明会でのこと。会場は騒然となった…。「悪いのは福島県!」復興庁副大臣が被災者への説明会で爆弾発言

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

給食に福島米 「命をかけて売る」

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

3月15日だけで10京ベクレルのセシウム、40京ベクレルのヨウ素、更に40京ベクレルの不活性希ガス(キセノン、クリプトンやアルゴン)が漏出したものと推計されている。チェルノブイリでの、2.5倍から、3倍の希ガスが大気中に放出された。

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

親戚で千葉在住の医師「間質性肺炎で最近亡くなる人が増えている」「この不治の病で亡くなる若い人も多い」

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。