2013年 8月 の記事

事態はもっと悪いものでした・・・地下水位

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

広告

ストロンチウム、内部被ばくに限っていえばセシウム134・137に比べると10倍から100倍の危険性がある! 「魚は危険」2つの根拠とストロンチウムの危険性について

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

日本から輸入の冷凍サンマ、カドミウムの基準値超えで返送されていた=中国山東省〈2012年06月〉

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

基準値を決めなかったことの言い訳が,『地域社会を分断してしまうから』ですって。復興大臣「100ミリ以下の健康影響わずか」支援法基本方針

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

東京湾放射性セシウム濃度2014年3月ピーク(京大防災研究所)ん~、常識的に2020年の「トライアスロン」などありえない。 五輪招致でお台場の水質汚染懸念 英紙 トライアスロン会場

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

環境放射能水準調査結果(月間降下物)東京への月間セシウム降下6.6ベクレル/㎡、茨城11.4ベクレル/㎡、福島379ベクレル/㎡(8/30 文部科学省)

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。

群馬県イワナ150ベクレル、宮城県アユ41ベクレル、スズキ18ベクレル、茨城県シイタケ48ベクレル、青森県ヒラメ12ベクレル、栃木県ユズ32ベクレル、千葉県市川市クリ26ベクレル、新潟県ヤマメ19ベクレル(8/30 厚生労働省)

※本文はソース元のリンク先(青色)よりお読みください。